FC2ブログ
topimage

2018-12

9月23日(日)の日暦は『秋分の日・秋分・彼岸中日・社日』 - 2018.09.22 Sat


9月23日(日)の日暦は

奎(けい)

三碧木星の中段吉凶は『おさん』
六曜星は先負で大吉日となります

此の日は新に衣服を裁つに大吉なり


但し開店又は新築家屋の移転
人の世話事旅立埋葬など大凶なり是れを犯せば不時の
出費つづくべし大いに慎むべし


本日は着物の仕立てや衣服購入などに大変良き吉日となっております
後日、着用予定の衣類などが御座いましたら風通しをされると
良いかと存じます


但し、禁忌事も多く御座いますのでお気を付け下さい

中段吉凶におきましては「此の日物事を納むる事吉葬式は悪し」
なっておりますので暦と併せて御参考ください

本日は 『秋分』そして『秋分の日』 となっております

『秋分』二十四節気の第16番目の気です
期間としての意味もあり、この日から次の節気の寒露前日までを指す場合もあります
次第に日没が早くなり夜の長さを感じ始めます

その節気を国民の祝日としたものが『秋分の日』となります
「春分の日」と同じく天文学に基づいた節気を国の祝日とする例は
世界的にも珍しいものなのだそうです


また本日は 『彼岸の中日』 となっております

彼岸の意味については9月20日(木)「彼岸入り」の記事にて申し述べたましたとおりです

本日は別記事として『彼岸回向文』を掲載致します
少し長くなりますが、よろしければお唱えになってみて下さい

更に本日は『社日』となっております

『社日(しゃにち)』とは雑節の一つで、産土神(生まれた土地の守護神)を祀る日となっております
春と秋にあり、春のものを春社(しゅんしゃ、はるしゃ)、秋のものを秋社(しゅうしゃ、あきしゃ)ともよばれ
社日は古代中国に由来
「社」とは土地の守護神、土の神を意味いたします

春分または秋分に最も近い戊(つちのえ)の日が社日となりますが、ただし戊と戊のちょうど中間に
春分日・秋分日が来る場合(つまり春分日・秋分日が癸(みずのと)の日となる場合)は
春分・秋分の瞬間が午前中ならば前の戊の日、午後ならば後の戊の日となります
またこのような場合は前の戊の日とする決め方もあるようです

この日は産土神に参拝し、春には五穀の種を供えて豊作を祈願し、秋にはその年の収獲に感謝します
また、春の社日にお酒を呑むと耳が良くなるという風習があり、これを治聾酒(じろうしゅ)といいます
これに因み、島根県安来市社日町などが地名として残っています

本日も 『朝に合掌ゆうべに感謝』 の御心を忘れず 和顔穏心 にてお過ごしください

                   合掌

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ippeijyuku.blog41.fc2.com/tb.php/2636-551d41b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

彼岸回向文 «  | BLOG TOP |  » 9月22日(土)の日暦

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

ご訪問ありがとうございます

プロフィール

一平塾塾長

Author:一平塾塾長
訪問頂き誠に有り難うございます。
ここでは日頃皆様がなかなか触れ合う事の少ない神仏についてわかり易くお伝えできればと思っております。

お知りになりたい事がありましたらお気軽にお便りくだい。


     合 掌

カテゴリ

先取日暦 (2564)
平成27年運勢 (10)
雑節 (2)
心・こころ・ココロ (17)
様々な守護神 (5)
様々な回向文・祈願文 (9)
震災関連 (9)
スキルアップ講座 (1)
写真とともに綴る七面山登詣記録 (2)
平成28年の運勢 (9)
未分類 (31)
四十回忌を迎えて (5)
平成29年度の運勢 (9)
平成30年の運勢 (9)

検索フォーム

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

黒(ぶら)っく さくら

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR