FC2ブログ
topimage

2018-12

2月16日(金)の日暦は『旧元日・宗祖降誕会』 - 2018.02.15 Thu

2月16日(金)の日暦は

室(しつ)

四緑木星の中段吉凶は「のぞく」
六曜星は先勝で至極大吉日となります

最上の吉日なり
祝事婚礼家屋の造作起工式柱立地割均井戸掘り移転建築開業小児の着袴服薬等には大吉なり

但し埋葬又は新に衣服を裁つには大凶なり

本日は昨日と同じ「暦」となります

祝い事や婚礼、起工式や開業その他多くの事柄において大変に良き日となっております

但し、衣服の購入や埋葬は大凶となりますので必ずお控えください

中段吉凶におきましても「悪しき事を除き去る日。至極大吉日也」
なっておりますので暦における禁忌事は確実にお控えください

本日は『旧元日』となっております

旧歴の一月一日にあたり『旧正月』とも呼ばれます

中国やベトナム・モンゴルなどでは、いわゆる現在の元日より寧ろこちらの『旧元日』の方が
重要とされ、盛大にお祝いをするようです
また日本においても沖縄や奄美地方はやはり『旧元日』が大切とされます
奄美ではこの日、三線の音色に合わせ男女で愛の歌を交わし合う 「節田(せった)マンカイ」
という伝統行事が行われます
掛け合いに合わせて老若男女が踊る様は、さぞかし賑やかで風情溢れるものでしょう

年替わりは昔から大きな節目とされたことから、いわゆる松の内の正月期間に関わらず様々な
風習行事が行われてまいりました
皆様のお住まいの地方では如何でしょうか


本日は『宗祖降誕会(しゅうそこうたんえ)』の日となっております

宗祖日蓮聖人は、貞応元年2月16日安房国長狭郡東条郷片海の小湊で誕生なさいました
幼名「善日麿」であったと伝えられています
父は三国大夫、母は梅菊とされています

宗祖は『善無畏三蔵抄』の中で「片海の石中の賎民が子なり」と述べておられます
解りやすく言いますと、網元の家に生まれたと云うことです
降誕の前日『教主釈尊』入滅された日正に釈尊の生まれ変わりとも言われました

回向文『恰も仏滅後二千百七十一年。如来の懸しん虚しからず法華経有縁の妙土我が日本国
貞応元年二月十六日。東海安房国に菩薩子降誕し給う』
とあります
降誕の際には季節外れの花が咲き乱れ浜辺近くでは魚が飛び跳ねたとも伝えられております
そしてその後の人生が正に壮絶なものとなられた事は、お伝えしている通りであります

本年は宗祖降誕796年となります
各寺院では盛大な法要が営まれますのでお近くに日蓮宗の寺院がありましたら
お出掛けになられてみては如何でしょうか


本日も 『朝に合掌ゆうべに感謝』 の御心を忘れず 和顔穏心 にてお過ごし下さい

                         合掌

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ippeijyuku.blog41.fc2.com/tb.php/2417-a8c61a75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2月17日(土)の日暦は『伊勢神宮祈年祭』 «  | BLOG TOP |  » 2月15日(木)の日暦は『釈尊ねはん会・天しゃ・小つち・不成就日』

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

ご訪問ありがとうございます

プロフィール

一平塾塾長

Author:一平塾塾長
訪問頂き誠に有り難うございます。
ここでは日頃皆様がなかなか触れ合う事の少ない神仏についてわかり易くお伝えできればと思っております。

お知りになりたい事がありましたらお気軽にお便りくだい。


     合 掌

カテゴリ

先取日暦 (2564)
平成27年運勢 (10)
雑節 (2)
心・こころ・ココロ (17)
様々な守護神 (5)
様々な回向文・祈願文 (9)
震災関連 (9)
スキルアップ講座 (1)
写真とともに綴る七面山登詣記録 (2)
平成28年の運勢 (9)
未分類 (31)
四十回忌を迎えて (5)
平成29年度の運勢 (9)
平成30年の運勢 (9)

検索フォーム

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

黒(ぶら)っく さくら

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR