FC2ブログ
topimage

2018-10

11月1日(木)の日暦は『一の酉・大荒行入山会・一粒万倍日』 - 2018.10.31 Wed


11月1日(木)の日暦は

翼(よく)

九紫火星の中断吉凶は『とづ』
六曜星は友引ですが大悪日となります

大悪日なり
此日は万事に用ゆべからず
此日は何事も成就し難し
これを犯せば災難を招く恐れ慎むべし


昨日より一転しての大悪日です

中段吉凶におきましても「此の日閉づと云う日なる故に万事避くべし」
なっております。所謂、昨日の神仏開扉から神仏の扉が閉じるとされており
更にお心掛け次第では悪如き事も万倍となる「一粒万倍日」でもありますので
何事もよくよくお控えください

本日は 『一の酉(いちのとり)』 の日となっております
『一の酉』とは11月の最初の酉の日の事で、別名『酉の市』とも呼ばれる
鷲(おおとり)神社の祭礼日です

同じように11月の2番目の酉の日『二の酉』と呼びますが、年廻りにより『三の酉』まで
巡ってくる事があり、そうした年には火事が非常に多いと言う俗説があります
今年は正にそれにあたります

おおよそ一年おきに巡ってきますのでさほど珍しいわけではないのですが、何れにいたしましても
九日より火災予防運動も始まりますので、より一層の注意は必要かと存じます
各地ゆかりの寺社においては熊手に火の用心の札を貼り付けて、販売される場合があります

『一の酉』は確かに神社の祭礼ではありますが、仏教ともまた多く関わりがございます
皆様のお近くの神社仏閣でもお祭などが催されるかもしれませんので、
お出掛けになられてみては如何でしょうか

本日は 『大荒行入山会(だいあらぎょうにゅうざんえ)』 の日となっております

日蓮宗では毎年11月1日から翌年2月10日までの百日間『大荒行』を行いますが
本日はその入山会の日です
この百日間、中山法華経寺の堂内では午前三時より午後十一時まで法華経の読誦
また寒風吹きすさぶ中で三時間おきの水行を行います
食事は朝と夕方の二回、お粥(おも湯に近い)に梅干し一個と具の無い味噌汁のみで過ごします

木剣を用いて行う日蓮宗独特の力強い加持祈祷
その修法が許されるのは、百日間の苦修錬行を果たした
『修法師』に限られています
『世界三大荒行』の一つとされ、この百日間は一切俗世に出ることは許されません
入行時は完全剃髪をしますが満行の時には髪もひげもかなり伸び
一瞬誰だかわからない程の姿となります

古い歴史の中においては、行中に死亡したとしても百日間の満行を迎えるまで出される事もなかったと
文献に残されております

しかし現在では事前に健康診断を行い、しっかりと管理された上での入行です
各々の檀信徒や家族に見送られながら満行成就の期待を背負って荒行へと入ります

私も「入行を志しました」得度直後、交通事故により三年半の入院から障がいを持つ身となり
その想いは叶うことなく現在に至っており、更に「大腸がん」を患うみとになりましたが
何ら不安も迷いもありませんし「生き抜くことが自身に課せられた宿命」と感じております

今回入行されるご僧侶の成満と、一人の脱落者も出ない事を御祈念申し上げる次第でございます

大悪日ではありますが入行僧が総てを吹き飛ばしてくれることでしょう

二十八宿最終日の明日は大吉日となります

本日も『朝に合掌ゆうべに感謝』の御心を忘れず和顔穏心にてお過ごしください

                    合掌

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

ご訪問ありがとうございます

プロフィール

一平塾塾長

Author:一平塾塾長
訪問頂き誠に有り難うございます。
ここでは日頃皆様がなかなか触れ合う事の少ない神仏についてわかり易くお伝えできればと思っております。

お知りになりたい事がありましたらお気軽にお便りくだい。

ホームページ開設しました。
http://www.ippeijyuku.com/

     合 掌

カテゴリ

先取日暦 (2868)
平成27年運勢 (10)
雑節 (2)
心・こころ・ココロ (17)
様々な守護神 (5)
様々な回向文・祈願文 (9)
震災関連 (9)
スキルアップ講座 (1)
写真とともに綴る七面山登詣記録 (2)
平成28年の運勢 (9)
未分類 (32)
四十回忌を迎えて (5)
平成29年度の運勢 (9)
平成30年の運勢 (9)
平成三十一年の運勢 (9)

検索フォーム

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

黒(ぶら)っく さくら

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR