FC2ブログ
topimage

2018-06

7月1日(日)の日暦は『海山開き・天しゃ・富士山山開き・一粒万倍日』 - 2018.06.30 Sat


7月1日(日)の日暦は

虚(きょ)

六白金星の中段吉凶は『たつ』
六曜星は仏滅で至極大悪日となります

大悪日なり
何事にも用ゆべからず
中にも家屋を造作し釘を打つ事を忌む 又埋葬には凶なり
是れを犯す時は禍ひあると云ふ大いに慎むべし


連続大悪日二日目の本日は、何事にも良ろしくない至極大凶日となっております
特に家屋造作や埋葬には良ろしくありませんので御心掛け下さいませ


中断吉凶におきましては「此の日大吉にして万事によし土動しは凶」
なっておりますが何事もお控えください
更に本日もお心掛け次第では悪如き事も万倍となる「一粒万倍日」でもありますので

一方で本日は 『富士山山開き』 の日となっております

霊峰富士は静岡県と山梨県を跨ぐ言わずと知れた日本の頂です
毎年7月1日「山開き」となり、国内外を問わず多くの登山者が我先にと夏の富士山頂を目指します

皆様ご存知のように富士山は、2013年6月22日に世界文化遺産に登録されたばかりです
例年賑わう山開きですが、本年も富士山人気は多くの登山者を呼ぶのではないかと

世界文化遺産登録は、関係者や地元の方々の長年の願いがようやく叶った形での実現となりましたが
そもそもその認可を阻んでいたのは、不法投棄や心無い登山者の残して行くゴミ問題という
残念至極の理由によるものでありました
最近では意識の向上を図る様々な試みがなされ良き方向へと向かっているようですが
まだまだ多くの問題が残されているとも聞き及びます

富士山の優美な風貌は古来より浮世絵などにも用いられ、圧倒的な存在感を持ち続けてきました
「正に日本の象徴」とも言えるものです
その存在感はまた、自然のすべての物に神が宿るとした日本人にとって『神の姿』
そのものであったと言えるでしょう
まさに今日にまで『霊峰』と言われるに至る由縁ではないでしょうか

神の山に、ゴミはふさわしくありません
自然災害が猛威を奮う昨今、自然と神仏そして人間との関わりの在り方を
富士山は今後も私達に問いかけ続けてくれるのではないでしょうか


此の日に合わせて「海開き」ともなります

各地で様々な行事が営まれる事かと存じますが、海も山も私どもに
恩恵を与えてくれます
然し、そこに踏み入る私どもが誤った事をすれば
大自然の驚異にも晒されます

人類など地球の歴史から見れば『森羅万象の摂理を犯した者』でしかありません
文月と呼ばれるこの時期にこそ『今を生かされている』事に
感謝の文章『法身」』が必要かと存じます

更に本日は『天赦(てんしゃ)日』となっております

百の神が天へと昇りすべての罪を赦すとされる最上の大吉日とされます
『万(よろづ)よし』との注釈もあるように昔から最も縁起が良い日ともされてまいりました
およそ年に5回~6回しか巡ってこないという貴重な日であるため、昔はこれに合わせて
結婚等の段取りをする場合も多くあったようです
今回は本年四度目となります

至極大悪日善き日が重なるのも『清濁併せ呑む』ではないかと存じます

本日も 『朝に合掌ゆうべに感謝』 の御心を忘れず 和顔穏心 にてお過ごしください

                      合掌

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

ご訪問ありがとうございます

プロフィール

一平塾塾長

Author:一平塾塾長
訪問頂き誠に有り難うございます。
ここでは日頃皆様がなかなか触れ合う事の少ない神仏についてわかり易くお伝えできればと思っております。

お知りになりたい事がありましたらお気軽にお便りくだい。

ホームページ開設しました。
http://www.ippeijyuku.com/

     合 掌

カテゴリ

先取日暦 (2868)
平成27年運勢 (10)
雑節 (2)
心・こころ・ココロ (17)
様々な守護神 (5)
様々な回向文・祈願文 (9)
震災関連 (9)
スキルアップ講座 (1)
写真とともに綴る七面山登詣記録 (2)
平成28年の運勢 (9)
未分類 (32)
四十回忌を迎えて (5)
平成29年度の運勢 (9)
平成30年の運勢 (9)
平成三十一年の運勢 (9)

検索フォーム

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

黒(ぶら)っく さくら

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR