FC2ブログ
topimage

2011-10

11月1日(火)の日暦 『大荒行入山会(だいあらぎょうにゅうざんえ)』 - 2011.10.31 Mon

11月1日(火)の日暦は

虚(きょ)
一白水星の 中段吉凶は「ひらく」
六曜星では先負ですが大凶日となります

大悪日なり
何事にも用ゆべからず
中にも家屋を造作し釘を打つ事を忌む 又埋葬には凶なり 是れを犯す時は禍ひあると云ふ大いに慎むべし


中段吉凶におきましては良い部分もございますが、大悪日となりますのでご注意ください。
強いて事をおこさず平穏にお過ごし下さい。
何か計画がお有りの場合は充分に確認をされ行動される事をお勧め致します。
先負ともなっておりますので午後からの行動がよろしいかと存じます。


本日は『大荒行入山会(だいあらぎょうにゅうざんえ)』の日となっております。


『 日蓮宗に伝わる祈祷法の伝授を受けるため、僧侶が寒中百日間の苦修錬行を行う日蓮宗加行所(大荒行)が11月1日、千葉県市川市の中山法華経寺大荒行堂において始まります。
木剣を用いる日蓮宗独特の力強い加持祈祷。現在その修法が許されるのは、この100日間の苦修錬行を果たした“修法師”に限られています。
来年2月10日まで、正伝師並びに伝師部のご指導のもと1日7回の水行と読経三昧、修行の回数に応じて初行・再行・三行・四行・五行それぞれの秘法の伝授を受けます。
入行会では、剃髪し清浄衣姿の入行僧が整列し、全身から経文がほとばしるような大音声が法華経寺祖師堂を包みます。
境内には多くの寺族・檀信徒が見送りに訪れ、午後3時、100日間開くことのない荒行堂に入る「瑞門」をくぐるまで、世界三大荒行の一つともいわれる厳しい修行に挑まれます。

一年の中で最も極寒の100日間です。
朝は午前3時前に起床し、午前3時から午後11時まで7回の水行。水行の合間は読経三昧に加え、入行回数によって伝師や先輩僧侶から指導を受けます。1日3時間弱の睡眠と、一汁一菜の粗末な食事。衣は白木綿単衣一枚と麻の如法衣だけ、足袋は許されず刃物で刺されるようなあかぎれの痛みが続きます。
同時に襲われる飢えと寒さと睡眠不足。自己を責め、鍛え、耐え抜く。文字通りの荒行となります。

入山会において佐野前暁正伝師は、荒行の原点として戒(行堂清規を遵守すること)と定(精神を統一し集中すること)をあげ、「二つが備わって初めて仏と会話し仏からの応えを頂くのです。その応えをもって混沌とした時代を解決するのが修法道であると思っています。本日入行する各聖各位の人間的地位、社会的地位、命、すべてをお預かりし、来年の2月10日にお返し申し上げます」とご挨拶されました。 』

(以上、日蓮宗新聞社ブログ昨年の記事より抜粋申し上げました。)


今年もその大荒行堂が本日11月1日から始まります。
入行されたご僧侶が無事に百日間を完遂される事を私は願うばかりです。



                  合 掌


『大荒行入行会の様子(日蓮宗新聞社ブログより)』
大荒行入山会1

大荒行入山会2

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

ご訪問ありがとうございます

プロフィール

一平塾塾長

Author:一平塾塾長
訪問頂き誠に有り難うございます。
ここでは日頃皆様がなかなか触れ合う事の少ない神仏についてわかり易くお伝えできればと思っております。

お知りになりたい事がありましたらお気軽にお便りくだい。

ホームページ開設しました。
http://www.ippeijyuku.com/

     合 掌

カテゴリ

先取日暦 (2868)
平成27年運勢 (10)
雑節 (2)
心・こころ・ココロ (17)
様々な守護神 (5)
様々な回向文・祈願文 (9)
震災関連 (9)
スキルアップ講座 (1)
写真とともに綴る七面山登詣記録 (2)
平成28年の運勢 (9)
未分類 (32)
四十回忌を迎えて (5)
平成29年度の運勢 (9)
平成30年の運勢 (9)
平成三十一年の運勢 (9)

検索フォーム

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

黒(ぶら)っく さくら

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR