FC2ブログ
topimage

2019-11

11月12日(火)の日暦 - 2019.11.11 Mon


11月12日(火)の日暦は

参(じん)

二黒土星の中段吉凶は『みおつ』
六曜星は先勝ちで大吉日となります

此日は倉庫又は納屋を建て凡て品物を収むる処を拵へる等大吉なり
婚礼旅行造作開店等総て吉

但し新に衣服を裁ち又は埋葬などに用ゆるはわるし

昨日より一転しての大吉日です

但し、衣服購入や埋葬はお控えください
埋葬はペットも含みます


中断吉凶におきましては「五穀取入婚礼・新築・種蒔・土動かし吉」
なっておりますので暦と併せてご参考ください

本日特に雑節などは御座いません

本日も 『朝に合掌ゆうべに感謝』 の御心を忘れず 和顔穏心 にてお過ごしください

                     合掌

11月11日(月)の日暦は『小松原法難会・八せん始め』 - 2019.11.10 Sun


11月11日(月)の日暦は

觜(し)

三碧木星の中段吉凶は『のぞく』
六曜星は赤口で大悪日となります

大悪日なり
此日は何事にも用ゆべからず
強いて用ゆれば財産の損失を招き又は病難限りなしと云ふ

昨日とは一転して本日は何事にもよろしくない至極大凶日となっております

中段吉凶におきましては「悪しき事を除き去る日。至極大吉日也」
なっておりますが何事もお控えください

更に本日より『八せん始め』に入って参ります

以前にもお伝えしましたが現在は主に「何事に関しても上手くいかない凶期間」
とされる『八専』ですが
その昔は「善き事は更に良く悪い事は更に悪くの増幅傾向を持つ期間」
捉えられていたのはお伝えさせて頂いたかと存じます

また本日は 『小松原法難会』 の日となっております

『立正安国論』上奏以来、幾多の法難に遭われた宗祖日蓮聖人ですが
そのうちの一つが『小松原法難』です

伊豆への流罪をとかれた日蓮聖人は、兼ねてから気懸りであった
病床のお母様に会わんと故郷へ急ぎました
瀕死のお母様に聖人が題目を唱えられると病気は直ぐに良くなり
その後4年間延命されたと伝えられます


しかし喜びもつかの間、聖人と一行は招かれた屋敷への移動中に、かねてから恨みを買われていた
東条景信より襲撃を受けられました


弟子二人は死傷、聖人も眉間を切られるなどの重傷を負うに至ったのです
聖人が命をとりとめられたのはその時樹上に舞い降りた鬼子母神様のお陰と伝えられます
千葉県小松原山鏡忍寺にはその縁(ゆかり)である『降神の槇(こうじんのまき)』
今でも残されています

その後聖人は、身を隠すために岩穴に身を潜め過ごされました
寒さの中深い傷を負った体で岩穴で過ごす聖人を見かね、通りすがりの老婆が
自らの綿帽子をとり聖人に差し上げました
これにより聖人は寒さを凌ぐ事が出来たとされます

この逸話から、今でも立冬を迎える頃に聖人の像に綿帽子を被せる伝統がございます
寒さで傷が痛む冬、多くのお寺では綿帽子姿の日蓮聖人像を拝む事ができます

この法難に由来し、毎年聖人の遺徳を偲ぶ『小松原法難会』が行われます
宗祖をあらためて偲ぶ良い機会だと私も思っております

明日は一転しての大吉日となります

本日も 『朝に合掌ゆうべに感謝』 の御心を忘れず 和顔穏心 にてお過ごしください

                    合掌

11月10日(日)の日暦は『三りんぼう』 - 2019.11.09 Sat


11月10日(日)の日暦は

畢(ひつ)

四緑木星の中段吉凶は『たつ』
六曜星は大安で大吉日となります

大吉日なり
神を祈るに善し
家屋を造作すれば福徳を増し総て祝事移転売買事など吉
結婚すれば子孫繁栄し財宝を得べし

本日は悪しきことのない至極大吉日となります


中断吉凶におきましては「此の日大吉にして万事によし土動しは凶」
なっておりますので暦と併せてご参考ください

但し建築事の忌日でもある『三りんぼう』でもありますので
お心掛けください

明日はまた一転しての大悪日となります

本日も 『朝に合掌ゆうべに感謝』 の御心を忘れず 和顔穏心 にてお過ごしください

                     合掌

11月9日(土)の日暦は『太陽暦採用記念日ほか』 - 2019.11.08 Fri


11月9日(土)の日暦は

昴(ぼう)

五黄土星の中段吉凶は『とづ』
六曜星は仏滅ですが大吉日となります

大吉日なり
神を祈るに善し
家屋を造作すれば福徳を増し総て祝事移転売買事など吉
結婚すれば子孫繁栄し財宝を得べし

本日は悪しきことのない至極大吉日となります


但し、中段吉凶におきましては「此の日閉づと云う日なる故に万事避くべし」
なっております。所謂、昨日の神仏開扉から神仏の扉が閉じるとされており
更にお心掛け次第では悪如き事も万倍となる「一粒万倍日」でもありますので
清浄なる御心にて物事に取り組まれてください

本日は 『太陽暦採用記念日』 となっております

明治5年の11月9日(新暦1872年12月9日)に明治5年12月2日をもって
旧暦
(太陰太陽暦, 天保暦)を廃止しその翌日を明治6年1月1日にし
その日より新暦(太陽暦)を採用すると定められました

しかし、11月9日という日付は旧暦のものであるので、12月9日を記念日とするほうが
ふさわしいのではないだろうか
あるいは実施日の1月1日に。などの議論があったと云われております
なお、当初の「日本の太陽暦」はグレゴリオ暦に歩調を合わせているものの
ユリウス暦のうるう年の置き方であったそうです

また本日11月9日(土)から15日(金)の七日間は『秋の全国火災予防運動』の期間となります

火というのは便利なものですが、使い方を誤ればたちまち危険なものとなってしまいます
扱いなれていてもその都度気を引き締め火に対して各自が責任を持つということが肝心です


火の護り神と言えば神社であれば秋葉神社、仏閣であれば三宝荒神ということになります
皆様もお近くの神社仏閣に御参拝になられるとともに火に対する畏怖の気持ちを新たにされ
寒き季節への心の備えとなさってみてはいかがでしょうか


暖かい『立冬』を迎えましたが反発は必ず来ます

備えは防災も含め生き抜くための必須条件でもあります

本日も『朝に合掌ゆうべに感謝』の御心を忘れず和顔穏心にてお過ごしください

                          合掌

11月8日(金)の日暦は『立冬・一の酉・不成就日・一粒万倍日』 - 2019.11.07 Thu


11月8日(金)の日暦は

胃(い)

六白金星の中段吉凶は『ひらく』
六曜星は先負けですが大悪日となります

大悪日なり
何事にもこの日を用ゆべからず
訴訟事は争論の末 負となる
家屋を新築 埋葬は大凶なり

昨日より一転して本日は何事にも良ろしくない至極大悪日となっております


中段吉凶におきましては昨日と同じ「此の日神仏開扉、婚礼其の他吉。不浄事凶」
所謂、神仏の扉が開くというこの上なき良き日となっておりますが
何事もお控えください

更に『不成就日一粒万倍日』となっておりますのでよくよくお心掛けください

本日は 『立冬(りっとう)』 となっております

『立冬』二十四節気の第19番目の気です
期間としての意味もあり、この日から次の節気の『小雪(しょうせつ)』前日までを
指す場合もあります

「冬が立つ」との字面からもわかるように、初めて冬の気配があらわれてくる日とされます
この日から立春の前日までをもって季節は「冬」となるのです

『山茶始開(つばき はじめて ひらく)』 ともあらわされます
山茶はここでは山茶花(さざんか)の事です
山茶花はツバキ科の常緑樹で、これからの季節に大輪の花を咲かせます
とかく色味のなくなりがちな冬の寒い風景に鮮やかな彩りを添えてくれる植物です


昔から歌の題名などにもよく起用されました
それだけで冬の情景を連想させるような、存在感を持った花と言えるのではないでしょうか


本格的な冬を前に『心身ともに鍛える』のもよろしいのではないかと

また本日は 『一の酉(いちのとり)』 の日となっております
『一の酉』とは11月の最初の酉の日の事で、別名酉の市』とも呼ばれる
鷲(おおとり)神社の祭礼日です

同じように11月の2番目の酉の日を『二の酉』と呼びますが、年廻りにより『三の酉』まで
巡ってくる事があり、そうした年には火事が非常に多いと言う俗説があります
今年はそこに当たりませんが先日の『首里城消失』を思うと・・・

おおよそ一年おきに巡ってきますのでさほど珍しいわけではないのですが、何れにいたしましても
九日より火災予防運動も始まりますので、より一層の注意は必要かと存じます

各地ゆかりの寺社においては熊手に火の用心の札を貼り付けて、販売される場合があります

『一の酉』は確かに神社の祭礼ではありますが、仏教ともまた多く関わりがございます
皆様のお近くの神社仏閣でもお祭などが催されるかもしれませんので、
お出掛けになられてみては如何でしょうか


明日はまた一転しての大吉日となります

本日も『朝に合掌ゆうべに感謝』の御心を忘れず和顔穏心にてお過ごしください

                    合掌

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

ご訪問ありがとうございます

プロフィール

一平塾塾長

Author:一平塾塾長
訪問頂き誠に有り難うございます。
ここでは日頃皆様がなかなか触れ合う事の少ない神仏についてわかり易くお伝えできればと思っております。

お知りになりたい事がありましたらお気軽にお便りくだい。

ホームページ開設しました。
http://www.ippeijyuku.com/

     合 掌

カテゴリ

先取日暦 (2892)
平成27年運勢 (10)
雑節 (2)
心・こころ・ココロ (17)
様々な守護神 (5)
様々な回向文・祈願文 (9)
震災関連 (9)
スキルアップ講座 (1)
写真とともに綴る七面山登詣記録 (2)
平成28年の運勢 (9)
未分類 (33)
四十回忌を迎えて (5)
平成29年度の運勢 (9)
平成30年の運勢 (9)
平成三十一年の運勢 (9)

検索フォーム

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

黒(ぶら)っく さくら

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR